セミナーでの一コマ。

先日の90分セミナーでの一コマ。
捻ると胸の真ん中寄りのところが痛いという先生です。

このセミナーでは腰痛をテーマにしていました。
反らしたら痛い腰痛や、捻ったら痛い背中痛など。
 
それを前に出てきてもらってデモで痛みを取っていきます。
こちらの先生もそれをしたあとに、ついでに、ということでその症状を取らせていただきました。

動作分析整体法は、「視点を変える」ともっと簡単になりますよ、ということをアピールさせてもらっています。
 

捻ると腰が痛いという人のなかには
・腰が痛くて捻る事ができない人もおられますが(捻る前から痛い)
・捻ると腰が痛いという人も多いんです(捻る前は痛くない)
 

後者の人はなにをおっしゃってるかというと
「捻ると痛い」「ひねりづらい」と訴えておられるんですね。
だから、
「捻ると痛くないようにしてあげる」「ひねりやすくしてあげる」と考えるんです。
これができると少なくとも、お客さまの「問題は解決」します。
 
ここが視点の変換です。
 

場所が腰か背中か胸なのか、だけの違いであって解決すべき課題は一緒だったんです。
課題は「ひねりづらい」です。
動作分析整体法は、「部位別テクニックはありません」。
それらは場所が違うだけで、お客さまの訴えてることは実は同じだから。
 
このことが理解できると、
捻ると腰が痛いのも、捻ると背中が痛いのも、捻ると肘が痛いのも、捻ると胸が痛いのも、同じようにして取ることができるようになります。
視点を変えると、今まで部位別でテクニックを習っていたのが、テクニックなしでも痛みをとっていけるようになる。
 
モノゴトを簡単にしていくのが、動作分析整体法です^^




→→ 自宅で学べる動作分析整体法はこちら

→→ 動作分析整体法マスター講座はこちら


←前へ  ↑一覧へ   次へ→


講座・セミナー・コンテンツ

  • ここでは講座やセミナーにご参加くださった先生のご感想をご紹介しています。整体法にご興味くださった先生はご参考下さい …

    受講者さまのご感想

  • 1Dayセミナーで動作分析整体法の要領をつかんで頂いた方は、更に落とし込むために、マスター講座に是非ご参加下さい …

    マスター講座のご案内

  • 当スクールの講座やセミナーにご興味をお持ち頂き有り難う御座います。ここではよく頂くご質問をまとめました。ご参考下さい …

    よく頂くご質問