問いがかわると、世界(答え)が変わります^^

問いがかわると、世界(答え)が変わります^^

今日はマンツーマンの整体の勉強会。

肩が痛いとのことです。
右手で左肩を触るようなしぐさで腕の後ろあたりから肩にかけての痛みやツッパリ感。

どこが悪いんだろう?

そう問う前に

「なにをしてそうなったんだろう?」

と問うことができればでてくる答えも変わります。

手の使い過ぎ、腕の使い過ぎでそうなったのであれば、
「どこが悪いんだろう?」
じゃなくて

使いすぎたところをいたわってあげれば「それで済む」のがわかりますでしょうか?

「腕を使いすぎて肩が痛くなっちゃってさあ」

ということであればその言葉から

「うーん、骨盤かなあ、頸椎?肩鎖関節?いや肋骨のねじれか?」
とはならないですよね?

使いすぎたところをケアしてあげれば

「使いすぎたところが元に戻って、肩が痛くなくなった」

となるのはなんの不思議でもありません。

たった、それだけのこと・・・(笑)

お客様は骨盤をひねったわけでも頸椎をずらせたわけでもなくて、
腕を使いすぎてるんだから、
頸椎や肩関節に原因を求めるんじゃなくて
「使い過ぎ」に原因を求めてる、というそれだけのこと。

なにが悪い、どこが悪い、から
「なにをしてそうなったんだろう?」
と思考を転換するだけで、世界(答え)はもっとシンプルになります。

セラピストさま向けにも講座を開催しています。
お気軽にお問合せくださいね(^^)




→→ 自宅で学べる動作分析整体法はこちら

→→ 動作分析整体法マスター講座はこちら


←前へ  ↑一覧へ   次へ→


講座・セミナー・コンテンツ

  • ここでは講座やセミナーにご参加くださった先生のご感想をご紹介しています。整体法にご興味くださった先生はご参考下さい …

    受講者さまのご感想

  • 1Dayセミナーで動作分析整体法の要領をつかんで頂いた方は、更に落とし込むために、マスター講座に是非ご参加下さい …

    マスター講座のご案内

  • 当スクールの講座やセミナーにご興味をお持ち頂き有り難う御座います。ここではよく頂くご質問をまとめました。ご参考下さい …

    よく頂くご質問