まったく逆だった!!!

 
昔、整体の勉強を始めたころ、自分の勉強のためにと道歩く人でまっすぐな姿勢じゃない人を見つけては自分も真似して歩いてみたことがありました。
 
右肩があがってて、こういうふうに歩いてると・・・ふむふむ、この辺が突っ張ってくるんだな、このへんが痛くなってくるんだな、って。
 
 
これ、僕の思い込みだったんですね。
違うんです、「そういう姿勢をするのは、楽だから」なんです。そういう姿勢を「してるから痛い」と思ってたのは逆だったんです。
 
考えてみれば単純な話しで、今日も背中痛のお客さまから「猫背が原因で背中が痛いんでしょうか」と聞かれたんですが、もしですよ。
 
「猫背が原因で痛かったら、猫背をやめたらいいんです」よね(笑)
そう言われる前から、猫背を止めてます(苦笑)。誰が自分から進んで痛い姿勢を取るもんですか(笑)。
 
猫背にしていると背中が痛い。
誰でも、、猫背を止めると思います。人間って痛いのイヤだから(笑)。
 
猫背にしていないとツラい人が、猫背にしてるんだと思います。

逆に、どこも痛くない、健やかに育ってる児童であれば、
「猫背がツラいから猫背にしていない」。
 
人間って痛いことを避けようとします。
であれば、
「その姿勢は歪んでいる」んじゃなくて「その姿勢は避けようとしてる」んです。
 
「そんな姿勢をしてるから痛いんだよ」じゃなくて「その姿勢をしてるから痛みが緩和してる」んです。
 
健康でどこも痛くない人は、「歪んでると痛いから」歪もうとしない。どこかが痛い人は「まっすぐだと痛いから」歪もうとする。
 
「身体にとっては、その姿勢が楽」だから「そうして『くれている』」。もし、そうしてくれていなければ・・
 
痛いのに、、、痛いのに、、、正しい姿勢をキープさせられ続けるかも知れないですからね(^^)
 
歪んでる姿勢が教えてくれているのは、身体の優しさであって、身体のダメさ加減ではありません。
 
身体は、優しい。そこからの立ち位置で症状を読み解いていくのが動作分析整体法です。




→→ 自宅で学べる動作分析整体法はこちら

→→ 動作分析整体法マスター講座はこちら


←前へ  ↑一覧へ   次へ→


講座・セミナー・コンテンツ

  • ここでは講座やセミナーにご参加くださった先生のご感想をご紹介しています。整体法にご興味くださった先生はご参考下さい …

    受講者さまのご感想

  • 1Dayセミナーで動作分析整体法の要領をつかんで頂いた方は、更に落とし込むために、マスター講座に是非ご参加下さい …

    マスター講座のご案内

  • 当スクールの講座やセミナーにご興味をお持ち頂き有り難う御座います。ここではよく頂くご質問をまとめました。ご参考下さい …

    よく頂くご質問