ノートなんかいらないシンプルな療法 - 受講生のK.Rさん(神戸市在住)

私は神戸市内で整体を営んでいる者です。かいつう館の勉強会に参加した一番の理由は、痛みを取れる技術が欲しかったからです。東洋・西洋問わず、整体の哲学は「筋骨格系を整えれば(正常化すれば)、動きも整う(正常化する)。動きが正常化するということは、症状も消失する。」というものです。その大哲学に基づいて、我々整体師と呼ばれる者は施術をしているのですが、時折、矛盾にぶつかります。

からだは整っているのに、症状があまり変化しない。(←私の腕が未熟で、整えたつもりでいるだけかもしれませんが)
からだは整っているのに、痛みを取り切れない。

患者さんの痛みを取ってあげられないのは、治療家としてかなり悔しいものですし、患者さんに対して申し訳なく思うものです。「痛みを取って楽にして帰してあげたい。」そんな想いから勉強会に参加しました。

勉強会に参加した感想ですが、「シンプルでダイレクトな療法」という印象を受けました。学んだことを書き留めるため、勉強会にノートを持参したのですが必要ありませんでした(笑)。これは、中身が無かったというわけでは決してありません(笑)。
こんなシンプルな見方と考え方で、こんなシンプルな施術方法で、こんなダイレクト(直接的)に効果が出るものだったので、メモを取る機会が無かったんです(笑)。まさに「目からウロコ」でした。「あー、解剖学や神経学、運動学、経絡・経穴、多種多様にある整体学などの難しい本といくらにらめっこしていても、絶対に気付くことはないわー・・・」と思いました。それよりも、あれこれと自分のからだを動かしてみる。きっと、それの方が「答え」への近道なのかもしれないです。

勉強会で私が一番ためになったのは、施術において、お腹へのアプローチがとても重要であるということを教えていただいたことです。実は私は一度しか勉強会に参加していません・・・
しかしながら、勉強会で学んだ「お腹へのアプローチ」を意識し、私が学んだ整体術にお腹への技をプラスしました。それまで腹部への技はひとつふたつくらいしかなかったのですが、勉強会に参加後、腹部への技を増やしたところ、以前より技の効きが良くなったように感じます。

そんな調子でしばらくやっていると、ある若い女性の患者さんからこんなメールをいただきました。「メチャクチャ調子良いです♪○○先生、神っすね〜♪また行きまーす♪」という内容でした。ちなみにこの患者さんは、ギックリ腰の手前のようなひどい腰痛で来院され、施術したのは1回のみです。
治療家冥利に尽きるお言葉をいただき、とても嬉しかったです。梅田先生、ありがとうございました。

たった一度しか学んでいない私の技は、正統なかいつう整体の技ではないです。実際、自己流にアレンジを加えています。しかし、効くんです。なぜか(笑)。梅田先生、なぜでしょう(笑)?
勉強会(スクール)に通い、かいつう整体をきちんと学んだら、一体どうなるんだろう?と思います。きっと、治療家にとってとてつもない武器に、また、大きな自信(安心)になることでしょう。

今もスクールに通いたい気持ちは山々なのですが、諸事情により通うことができませんが、いつかまた梅田先生の下で学びたいと思っております。
その節はまた宜しくお願い致します。




→→ 自宅で学べる動作分析整体法はこちら

→→ 動作分析整体法マスター講座はこちら


←前へ  ↑一覧へ   次へ→


講座・セミナー・コンテンツ

  • ここでは講座やセミナーにご参加くださった先生のご感想をご紹介しています。整体法にご興味くださった先生はご参考下さい …

    受講者さまのご感想

  • 1Dayセミナーで動作分析整体法の要領をつかんで頂いた方は、更に落とし込むために、マスター講座に是非ご参加下さい …

    マスター講座のご案内

  • 当スクールの講座やセミナーにご興味をお持ち頂き有り難う御座います。ここではよく頂くご質問をまとめました。ご参考下さい …

    よく頂くご質問