技術ではなく、理由をお伝えします

「技術ではなく、理由をお伝えします」

先日はセラピストさまのマンツーマンの整体勉強会でした。
小顔整顔やバリニーズなどをすでにされていて、
お客様のリクエストに応えたい、帰られるときにはもうぜんぶ、楽になってもらいたい、という熱い想いをもって参加してくださいました。

最初に患者さん役をしてくださる方の症状をお聞きします。
特に左肩が痛い。

「なぜか思い当たることはありますか?」と聞いてみました。

左腕で荷物を持つことが増えたからかなあ?(ニュアンスは多少変えています)

他にもいろいろお聞きして、施術していきます。
左腕から。

これでも左肩の症状はかなり楽になりました。

よく言うんですが、フルマラソンして膝が痛くなったらその理由は骨盤の歪みの可能性は低く、「フルマラソンしたこと」が理由になってるんだと思います。

左腕で荷物をもつことが増えてから、左肩が痛くなったのであれば、頸椎や胸椎のズレよりも、「左腕で荷物を持つようになったこと」のなかに理由があるんじゃないかと思います。

お客様のずべてがこうやって答えてはくれないので動作分析整体法的、検査法のようなものはありますが、
検査法に頼るよりも、お客様に「お聞きする」ことが大切だと僕は思っているんです。お客様が積み重ねてきたことは検査ではわからないからです。

それと、最後に、「お腹を施術するだけで肩こりが楽になる」のも体験していただきました。

理由も説明して。

動作分析整体法は「考えたらわかる」「考える整体である」を標榜しています。

なぜ、腕を施術するのか、なぜお腹をしたら肩こりが楽になるのか。お伝えすることは、小学生でもわかる言葉で説明ができることばかりです。

理由を伝えられなければ、「わからない」からです。
なぜ、そんな質問を繰り出すのか、なぜそこをするのか、なぜそれを聴くのか。それこそ全部に理由があります。

なぜ、を知って納得してみたい方、ぜひ動作分析整体法を覗いてみてくださいね(^^)




→→ 自宅で学べる動作分析整体法はこちら

→→ 動作分析整体法マスター講座はこちら


←前へ  ↑一覧へ   次へ→


講座・セミナー・コンテンツ

  • ここでは講座やセミナーにご参加くださった先生のご感想をご紹介しています。整体法にご興味くださった先生はご参考下さい …

    受講者さまのご感想

  • 1Dayセミナーで動作分析整体法の要領をつかんで頂いた方は、更に落とし込むために、マスター講座に是非ご参加下さい …

    マスター講座のご案内

  • 当スクールの講座やセミナーにご興味をお持ち頂き有り難う御座います。ここではよく頂くご質問をまとめました。ご参考下さい …

    よく頂くご質問