引き算の話しなんです

梅田州男です。
 
これは、動作分析整体法セミナーでの一コマ。
 
パソコンをよくされるからか、
親指が痛いんです、という受講生さま。
 
 
写真のように、普通にしてても親指が痛いんだそうです。
 
親指を試しに折り曲げてもらいました。
 
「痛いです」
 
 
今度は四指も折り曲げてもらいました。
 
「あ、、、痛くないです」

 ↑もちろん、これで痛みがキツくなる人もおられます。
 
 
これで見当がつきますよね。
 
 
痛い→痛くなくなった。
 
「痛い状態」から「痛みの要因が差し引かれた」からです。
 
 
この場合だったら、

「なにが・どこが」「差し引かれた」のかを

観察して考えればいいんです。
 
  
いちばんむつかしいのは、

「四指も折り曲げてみて?」という投げかけができるかどうか

かも知れません。

  ↑しゃべるときは「握ってみて?」って言います。
 
 
 
とにかく、なにが痛い?なにが痛くない?を

どんどん質問していくことが大事だったりします。
 
  
痛みを取る技術も大事です。

が、

どこまで聴けるか、も大事なんです。
 
  
聞かないで施術しようと思えば、そりゃ神業がいります。

ゴッドハンドレベルになることが必要になるかも知れません。
 
 
けれど・・・

聞けたら・・・

その質問ができたら・・・
 
 
モノゴトは足し算引き算のレベルにまで

降りてきてくれるんです^^
 
 
『 触れる前にわかってしまう!魔法の質問もお伝えしています 』
 
理論から実技まで!
 セミナーの詳細とお申込みはこちら
 ↓↓
http://umedakunio.com/
 




→→ 自宅で学べる動作分析整体法はこちら

→→ 動作分析整体法マスター講座はこちら


←前へ  ↑一覧へ   次へ→


講座・セミナー・コンテンツ

  • ここでは講座やセミナーにご参加くださった先生のご感想をご紹介しています。整体法にご興味くださった先生はご参考下さい …

    受講者さまのご感想

  • 1Dayセミナーで動作分析整体法の要領をつかんで頂いた方は、更に落とし込むために、マスター講座に是非ご参加下さい …

    マスター講座のご案内

  • 当スクールの講座やセミナーにご興味をお持ち頂き有り難う御座います。ここではよく頂くご質問をまとめました。ご参考下さい …

    よく頂くご質問