あっけなくわかるんです^^

腰痛と背中痛で来て下さったママさん。
 
施術しながらおしゃべりをしていると、考えさせられるヒントがポンポン飛び出してきます。
 
お話で出てきた内容は・・・
 
「今日はどうやって来てくれたんですか?」
「自転車で〜」
「自転車は辛くないんですか?」
「自分だけだったらなんともありません。子どもを乗っけて漕ぎ出すときが辛いですけどね〜」
 
他の治療院では、「骨盤もかなり歪んでますので、そちらもおいおいと治していきましょう」という話もでたそうですが。
 
それはそれとして。
 
一人で自転車を漕ぎ出すときにはなんともなくて。
子どもを乗せて漕ぎ出すときには痛い。
 
「一人のときと、子どもを乗せているときで、『なにが違う』から痛かったり痛くなかったりするんだろう」
 
ここまで来たらもう「見えて」きそうです^^
 
痛い場所が背中であろうと腰であろうと。
痛みを左右しているのは、自分だけで漕ぎだしたときか、子どもを乗せているときか、です。
 
そう考えるだけで、このママさんの場合になにに痛みが引き出されているのか、想像はできますよね?あるいは、なにが関係ないか、が想像つきますよね。それが正しいかどうかはこの時点ではわかりませんが。

お客さんの日常、お客さんの困っていること、楽なとき。そういう情報から今までよりも簡単に「そこ」にたどり着けるんじゃないか、って僕は思っています(^^)
 
ズレてる箇所、歪んでる場所ではなくて、
痛い「時」にフォーカスし、痛くない「時」と見比べる。
 
これができると「触る前に」ここですよね、って言えちゃうようになってきます(^^)




→→ 自宅で学べる動作分析整体法はこちら

→→ 動作分析整体法マスター講座はこちら


←前へ  ↑一覧へ   次へ→


講座・セミナー・コンテンツ

  • ここでは講座やセミナーにご参加くださった先生のご感想をご紹介しています。整体法にご興味くださった先生はご参考下さい …

    受講者さまのご感想

  • 1Dayセミナーで動作分析整体法の要領をつかんで頂いた方は、更に落とし込むために、マスター講座に是非ご参加下さい …

    マスター講座のご案内

  • 当スクールの講座やセミナーにご興味をお持ち頂き有り難う御座います。ここではよく頂くご質問をまとめました。ご参考下さい …

    よく頂くご質問