探すのはズレや歪みではなく

股関節痛がきつくなってきて困ってるんです、とおっしゃるママさんの話し。
 
ママさんですから、お子さんがおられるということで、ということは出産してるので、骨盤が、、、という連想もあるかも知れないんですが。
 
そんな場合でも、こう聴きます。
「痛くなる前って、なにかなかったですか?」
って。
 
こちらのママさんは、友人の結婚式がありドレスにハイヒールで動きまわってから股関節の痛みが強くなってきた、と教えてくれました。
 
なので、残った股関節の痛みには、足裏をほぐしてあげることで解決しました^^
出産されてからはあまり履かなくなったであろうヒールで足が緊張したのかな?って想像しただけです。
 
モノゴトは信じられないくらいにシンプルで。
「それをしてから痛くなった」のであれば、「それ」が疑わしい。
たったそれだけのことだったりするんです。
 
言うなれば「それ」を聴けるかどうか。
聴いたことを「聴かなかったことより優先できるかどうか(検査とか)」
 
誰だって治療院での話しでなければ「これをしてから痛くなってさあ」と聞かされれば「そんなことしたからじゃんー」て思いますよね^^
それがなぜ院の現場では使えないんでしょう(苦笑)
 
悪いところを探そうとせずに、痛くなったキッカケを聴いたほうが早い。
 
聴きさえすれば、お客さまに触るまえにたくさんのことがわかってきますよね(^^)


→→ 自宅で学べる動作分析整体法はこちら

→→ 動作分析整体法マスター講座はこちら


←前へ  ↑一覧へ   次へ→


講座・セミナー・コンテンツ

  • ここでは講座やセミナーにご参加くださった先生のご感想をご紹介しています。整体法にご興味くださった先生はご参考下さい …

    受講者さまのご感想

  • 1Dayセミナーで動作分析整体法の要領をつかんで頂いた方は、更に落とし込むために、マスター講座に是非ご参加下さい …

    マスター講座のご案内

  • 当スクールの講座やセミナーにご興味をお持ち頂き有り難う御座います。ここではよく頂くご質問をまとめました。ご参考下さい …

    よく頂くご質問