簡単なことでアプローチする場所がわかるんです^^

今までの検査では「異常箇所」を探すことが比較的、多かったように思います。それはそれで「異常箇所」が「わかる」のでとても大切なことだと考えます。
 
動作分析整体法では異常個所ではなく「違い」を探します。
先日のセミナーで
「ずっと座ってると痛くなってくる」という方に
仕事中はどうしてるんですか?とお尋ねすると⇐ここ、めちゃくちゃ大事♪
「しんどくなってきたら、こんな格好してます」とやってみせてくれました。
 
その楽になるポーズと、しんどいポーズを見比べることができたら
「あ、ここが違う!」
というのがわかりますよね。
で「『ここが違うこと』が、痛みが出るか出ないかを左右してる」ことがわかります。
 
この時点で、、お客さまに触らせていただいて検査をする前に、
「ここ」っていうのが明らかになってきます^^
 
ABCDEのとき、腰が痛くて
AB DEのとき、腰が痛くないのであれば、
違いを見比べるだけで
この方の腰痛はCに左右されているのではなか?
というのが簡単に推測できてしまいます。
 
であればCにアプローチすればいいだけ。
 
動作分析整体法は、テクニックというよりは
「Cにアプローチしたら良いんだな」ということが「わかる」ようになる思考法です。


→→ 自宅で学べる動作分析整体法はこちら

→→ 動作分析整体法マスター講座はこちら


←前へ  ↑一覧へ   次へ→


講座・セミナー・コンテンツ

  • ここでは講座やセミナーにご参加くださった先生のご感想をご紹介しています。整体法にご興味くださった先生はご参考下さい …

    受講者さまのご感想

  • 1Dayセミナーで動作分析整体法の要領をつかんで頂いた方は、更に落とし込むために、マスター講座に是非ご参加下さい …

    マスター講座のご案内

  • 当スクールの講座やセミナーにご興味をお持ち頂き有り難う御座います。ここではよく頂くご質問をまとめました。ご参考下さい …

    よく頂くご質問