むつかしい言葉はわからないんですが

むつかしい言葉はわからないんですが、
 
身体には、身体を守る術があって。
 
「なったものを治していこう」という力もあれば、
 
「なる前に踏みとどまる」という力や
 
「人を楽に過ごせるようにする」という力とか、
 
とにかくとても精緻にできてるんだなあ、と僕はこの仕事を続けてきて思います。
 

自然治癒力しかりなんですが。
あついものをさわった瞬間に手を引っ込めるとか。
これは治癒力ではないですが、すごいですよね。脳を介さずにそんなことができてしまう。
 
あっ、と思うよりも早く
「腰の力が抜けちゃったんです」
とか。
 
痛い痛い痛い、、、と思ってるうちに身体が(考えるよりも前に)くの字になって、痛いながらも歩くことができる、とか。
 
動作分析整体法は
 
この方法論で痛みが取れていく人たちをずっと見つめながら、
「なぜ、この程度のことで痛みが取れるのか」
を考え続けてきたんです。
 
なぜ、こんなシンプルな方法論で痛みが取れるのか。
 
なってしまったことには自然治癒力が働いて、
でもそうなるまいとギリギリのラインで踏みとどまる力も働いていて、
痛くなっても、「少しでも痛くないように」身体の向きを変えていこうという調整機能がついていて、
 

よく耳にする「あなたの身体はガタガタだから」「ボロボロだから」「ここまでほったらかしだったから」なんてことが、 
 
実はそんなことなかったんだ!!!
身体は僕らに知られないようにこそっと(笑)ここまで守り続けてきたんだ!!
  
だからここまで簡単なことでも痛みはとれてくれるんだ、と。
 
身体の全方向が!!!「良くなるほうを向いているから」。
こんな簡単なことで!!!
(モデルさんはコチラを向いてくれています^^)   
 




→→ 自宅で学べる動作分析整体法はこちら

→→ 動作分析整体法マスター講座はこちら


←前へ  ↑一覧へ   次へ→


講座・セミナー・コンテンツ

  • ここでは講座やセミナーにご参加くださった先生のご感想をご紹介しています。整体法にご興味くださった先生はご参考下さい …

    受講者さまのご感想

  • 1Dayセミナーで動作分析整体法の要領をつかんで頂いた方は、更に落とし込むために、マスター講座に是非ご参加下さい …

    マスター講座のご案内

  • 当スクールの講座やセミナーにご興味をお持ち頂き有り難う御座います。ここではよく頂くご質問をまとめました。ご参考下さい …

    よく頂くご質問